サルでもわかる、高校英語教室

〜センター試験英語解答テクニック!〜

高校英語教室英語長文目次英語長文精読1

英文の構造を見抜く(英語長文精読1)

次の文を訳せ
I read the letter sometimes to remind myself that we never know how much our actions may affect someone.

(2005年センター試験)

サル
こういう、和訳の問題ができないよ〜。

ニワトリ先生
このような問題は、
長文の下線部和訳などで出てきますね。

単に英文を速く読むなら「スラッシュリーディング」を使って、
前から読むのがいいのだけど

下線部和訳や、英問英答内容一致などに関する部分で
きっちり意味をとらなくてはならないときには
文の構造からしっかりと訳をしていかなくてはなりませんね。

サル
そうなんだよ。
せっかくスラッシュリーディングをマスターしたのに・・・

ニワトリ先生
では(  )を使って
構文からばっちり正確に
意味をとらえる方法を教えるね。

実は上のようなちょっと長めの文も
分析していけば第1〜第5文型のいずれかに分類できるのです。
それを見極めることが大切です。

そのためまずすることは、
ポイント動詞を見つけることです

サル
上の文章なら read/remind/know/affect の4つだね。

ニワトリ先生
つまりこの1つの文には4つの文が隠されている、
ということが分かります。

ポイント1つの文の中に複数の文を存在させるためには
2つめ以降に出てくる動詞に対応する、
不定詞分詞接続詞関係詞または疑問詞が必要です。
次はそれを探しましょう。

サル
ええっと・・・

remind → to 不定詞 副詞的用法-結果
know → that 従属接続詞
affect → how much /間接疑問文

ニワトリ先生
そして
ポイント接続詞や関係詞などの前に「(」をつけ、その文が終わるところに「)」をつける。
(二つめ以降は「{}[]」を使うなど変える)
これは一番後ろの動詞の部分からする

サル
よいしょ、よいしょ。
I read the letter sometimes [to remind myself {that we never know (how much our actions may affect someone)}].

ニワトリ先生
次にそれぞれの動詞に対応する主語を見つけます。
さらに必要ならばそれぞれの動詞に対する、
目的語・補語を見つけます。

サル
それぞれの動詞に対応する主語は
[read]→ I /[remind]→I /[know]→ we /[affect]→ actions

それぞれに動詞に対応する目的語・補語は
read → the letter / remind → that節すべて
know → how much 以下の間接疑問文/ affect → someone

ニワトリ先生
つまり今回の分は第3文型が
折り重なって出来たものであることが分かりました。

サル
えっ、分かりましたって・・・言われても
うーんと・・・
ああ、目的語があって補語がないから、SVOの第3文型なんだね。

ニワトリ先生
そういうことですね。
これで(  )をつけることができましたので
次回はこれを使った訳し方を見ていきましょう。

和訳の順番(英語長文精読2)へ進む
英文を前から読むへ進む(スラッシュリーディング3)へ戻る
高校英語教室トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。




AMAZON

高校英語対策
高校英語[文法]対策
高校英語[単語]対策
高校英語[長文]対策
[センター試験]英語対策
高校英語文法[実践演習]
高校英語Q&A
高校英語文法[確認テスト]
高校英語[用語集]


Copyright © 2004 サルでもわかる、高校英語教室 All Rights Reserved.