先生に勉強を教えてもらう生徒

論説文の構成パターン・パラグラフリーディング

サル
硬い話題の小難しい英語の長文問題がありますよね。あれが苦手なんですよ。

英文1つ1つの意味はつかめるんだけど、読んでいるうちに筆者が何を言いたいのかが、分からなくなるんですよ。

ニワトリ先生
硬い話題の小難しい英語の文章というのは、論説文のことですね。

確かにただでさえ論説文は筆者の主張をつかみづらいのに、英語になると余計にわかりづらいよね。

では論説文対策に、パラグラフリーディングという読み方を教えるね。

サル
なんか格好イイね。

ニワトリ先生
パラグラフリーディングに入る前に、まず論説文とはどういう文章なのかを、説明しますね。

サル
英語じゃなくて、現代文の授業みたいですね。

ニワトリ先生
論説文というのは、自分の考えを分かりやすく、他人に伝えるための文章です。

そのため人が理解しやすいように、人間の思考の過程をなぞるような、文章の形式がとられているのです。(それでも分かりにくいんだけどね)

サル
どういう形式なのですか?

ニワトリ先生
簡単に言うと「序論・本論・結論」といわれる形であらわされます。

序論 = 問題提起。主張。
本論 = 理論的展開。実験、具体例、論証による検証。
結論 = まとめ。今後の課題。主張。

サル
うーん、やっぱり小難しくて分かりにくいよ〜。

ニワトリ先生
この「序論」「本論」「結論」の中で、筆者が一番言いたいこと、つまり「主張」が入っているのはどれ?

サル
「序論」と「結論」ですね。

ニワトリ先生
逆を言えば「本論」には、「主張」は入っていないんですね。

POINT

論説文で、筆者が何が言いたいのかわからないときに、「本論」の部分を何度も読み直すのは無駄!

ディスコースマーカーに注目する(パラグラフリーディング2)へ進む
和訳の順番(英語長文精読2)へ戻る
高校英語教室トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡ください。

How about some links?

Who are you guys?

  • 先生

    センター試験の英語は特に「目指すべき英語力」の指標ともなり得るので、他大学の入試問題にも影響を及ぼします。何が問われているのかをしっかり把握し、1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。

  • 生徒

    センター試験の過去問見ていて思ったんだけど、なんか解説が雑じゃない?解説を読んで理解できる? おいらはできないよ。ちゃんとわかるように解説してよ。今まで英語の勉強をサボっていたのはあやまるからさぁ