サルでもわかる、高校英語教室

〜受験英語解答テクニック!〜

高校英語教室高校英語Q&A目次

『他動詞+副詞』の目的語の位置

サル
put away など沢山の熟語があるじゃないですか?
その熟語達って時には put away の後に文字が続いたり、
また時にはput awayの間に挟んだり...。
そこんところよく分かりません。
どのような時に文字を後に続けるのか、またどのような時に間に挟むのか教えて下さい。

パンダ
「他動詞+副詞」で全体として
『他動詞』の意味を表す形の目的語の位置

@目的語が『名詞』
「他動詞+目的語+副詞」と「他動詞+副詞+目的語」の両方が可能。
put the toys away. →◎ put away the toys. →◎

A目的語が『代名詞』
「他動詞+目的語+副詞」の語順のみ。
put it away. →◎ put away it. →×

B目的語が長い場合
「他動詞+副詞+目的語」の語順にする。

特にAのパターンは重要!

高校英語教室トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。


スポンサーリンク

AMAZON

高校英語対策
高校英語[文法]対策
高校英語[単語]対策
高校英語[長文]対策
[センター試験]英語対策
高校英語文法[実践演習]
高校英語Q&A
高校英語文法[確認テスト]
高校英語[用語集]



Copyright © 2004 サルでもわかる、高校英語教室 All Rights Reserved.