サルでもわかる、高校英語教室

〜受験英語解答テクニック!〜

高校英語教室高校英語Q&A目次文の理解2

高校英語Q&A 文の理解2



AMAZON

高校英語対策
高校英語[文法]対策
高校英語[単語]対策
高校英語[長文]対策
[センター試験]英語対策
高校英語文法[実践演習]
高校英語Q&A
高校英語文法[確認テスト]
高校英語[用語集]

サル
初歩的な質問で申し訳ないのですが…。

(その日は雨が降っていた。)を英訳すると
It was rainy on that day.と問題集に載っていました。

この『rainy』の部分は補語だと思うのですが、
補語の場合名詞と形容詞が入りますよね?
でも『rain』では×と書いてあったのです。

名詞を入れるか形容詞を入れるかは
どう判断すればいいのでしょうか?

ニワトリ先生
例えば cloud は「雲」という意味で、
cloudy は「曇りの」つまり、
雲がたくさんある感じを表す形容詞なのです。

それから考えると
It was cloud. だと
「天気は雲だった」「天気=雲」になり、変ですよね。

It was cloudy. だと
「天気は雲がたくさんある感じだった。/天気は曇りだった」で、
しっくりくるでしょ。

同じように
It was rain. では日本語だと「天気は雨だった」と
一見大丈夫に見えるけど「天気≠雨」なのでこれはダメ。

それに対して
It was rainy. だと「天気は雨がたくさんある感じだった」となり、
こちらの方が日本語の「天気は雨だった」のイメージに近いよね。

だからここには形容詞を使うのです。

高校英語Q&Aに戻る
高校英語教室トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。



Copyright © 2004 サルでもわかる、高校英語教室 All Rights Reserved.