サルでもわかる、高校英語教室

〜受験英語解答テクニック!〜

高校英語教室高校英語実践演習目次文法・語法問題編代名詞解説

高校英語文法実践演習 文法・語法(代名詞) 解説編



高校英語対策
高校英語[文法]対策
高校英語[単語]対策
高校英語[長文]対策
[センター試験]英語対策
高校英語文法[実践演習]
高校英語Q&A
高校英語文法[確認テスト]
高校英語[用語集]


問5
The climate of Matsuyama is milder than (   ) of Sapporo.

1 this   2 that   3 it   4 one

解説
答えは that
問題集の解説ではこう。

名詞の繰り返しを避ける that の用法。
the+単数名詞の代わりに that を用いる。
that of 〜 の形をとることが多い。

うーん・・・
正直コレだけでは分からない・・・

ということで
もう少し詳しく説明。

one は a+単数普通名詞
不特定前出数えられる名詞の代わりに用いられる。
one はthe、this、that、などの修飾語句を伴うことができる。

また形容詞がつく場合は、単数では不定冠詞をその前につけ、
前出の名詞が「数えられない名詞」としての物質名詞などの場合は、
oneは用いず、形容詞だけの形になる。

climate は「数えられない名詞」なので
選択肢4の one は→×

it は the+名詞
特定の前出の名詞の代わりに用いられる。
前の文に出てきた、まぎれもなく特定の同一の「それ」を指す
そのため形容詞(句)をつけることが出来ない(つける必要がない)。

問題文は比較の文なので、同一の「それ」でありえない。
また、(  )が後に続く of 〜 という形容詞句によって修飾されているので
選択肢3の it は→×

(もし「同一のそれ」だとしたら、比べる意味がない)
(仮に答えが it だとしたら、指すのは The climate of Matsuyama で意味が通じない)

選択肢1の this は
名詞の繰り返しを避ける用法で
this は that と共に用いて「後者」を表す用法しかないので→×

ということで答えは
前の解説にあるように that になるのだが
ポイントは(  )の後ろにある of 〜 という形容詞句にある。

基本的に代名詞には形容詞(句)はつかない。
なぜなら代名詞というのは前に出てくる名詞を受けるのだから
形容詞(句)といった+αの説明は本来必要がないはずだからだ。

そのため it には形容詞(句)をつけられないのだが、
one と that には単に名詞の繰り返しを避けるために用いているという特徴があるので
形容詞(句)をつけることが出来るのだ。

あー、疲れた。
しかしココまでの説明があってはじめて、
この問題を完全に理解できたといえるのではなかろうか?

問4(名詞)解説へ戻る
文法・語法問題編へ戻る
高校英語教室トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。



Copyright © 2004 サルでもわかる、高校英語教室 All Rights Reserved.