サルでもわかる、高校英語教室

〜受験英語解答テクニック!〜

高校英語教室センター試験英語目次文整序

文整序

次の文章の空所に入れる3つの文が、
順不同で下のA〜Cに示されている。
論理的な文章にするにするのに最も適当な配列のものを、
下の1〜6のうちから1つ選べ。

 *****************************************************************************(   )**************************.

A ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・.
B ・・・・・・・・・・・・・・・.
C ・・・・・・・・・・・・・・・・・.

1 A−B−C   2 A−C−B   3 B−A−C
4 B−C−A   5 C−A−B   6 C−B−A

ニワトリ先生
この文整序形式の問題で
使えるテクニックを紹介します。

    まず
    選択肢の英単語をチェックします。

    例えば
    a book/the bookというように
    同じ英単語で冠詞が違う2つの語が
    別々の選択肢にあれば
    a ***→the ***の順になります。

サル
なるほど。それはわかる。

ニワトリ先生
次に代名詞を見つけたら、
それが指すものを探しましょう。

ポイント基本的にセンター試験で代名詞とくれば、
   その指すものは直前の英文にあることが多い
です。

ということは選択肢の中の代名詞は、
他の選択肢か、( )の直前の英文にある可能性が
高いということです。
当然、「名詞」→「代名詞」の順になります。

サル
そりゃそうだわな。

ニワトリ先生
最後に(   )の前後と選択肢1・2・3の
ポイント時制をチェックしましょう。
ちょっとややこしいので落ち着いて見ていきましょうね。

   例えば選択肢1・2が現在形で、
   選択肢3が過去形という設定で考えて見ましょう。

    1・2・3/2・1・3/3・1・2/3・2・1という順番は→○だけど・・

    1・3・2/2・3・1のように
    「時制の同じ選択肢」が分断されてしまうのは→×です。

    加えて
    上のパターンで(   )の前が過去の英文で、
    (   )の後ろが現在の英文なら

    1・2・3/2・1・3の順番は→×
    3・1・2/3・2・1の順番は→○となります。

    かなり絞れてしまいましたね。

サル
何かパズルみたいやね。

ニワトリ先生
理由は大丈夫ですね。

時制が行ったり来たりするようなへんてこな英文は
センター試験では(たぶん・・・・・・)出てこないからです。

サル
信用していい・・・の?

高校英語教室トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。




AMAZON

高校英語対策
高校英語[文法]対策
高校英語[単語]対策
高校英語[長文]対策
[センター試験]英語対策
高校英語文法[実践演習]
高校英語Q&A
高校英語文法[確認テスト]
高校英語[用語集]


Copyright © 2004 サルでもわかる、高校英語教室 All Rights Reserved.